春から夏にかけての日差しにご注意

美白ケアは毎日するべきだと思います。私は40代半ばですが他の人よりもシミが少ないと言われます。ですがシミを作らない努力もしています。食べ物はもちろんですが、朝起きてから1番に化粧水、乳液でお肌を整えてから日焼け止めを必ず塗り過ごします。

家にいる時も、また曇りの日雨の日も美白ケアは欠かせません。季節の中でぬらない日はありません。また夏の7月、8月が1番紫外線量が多いと思う方がいますが実は春から夏にかけてが1番紫外線量が多いのでこの季節にきちんと美白ケアをすることをお勧めします。

美白ケアはいろいろなタイプのメーカーが出ています私がお勧めするものは薬用の美白ケアです。また薬用でなくても今の美容液成分はとても優れています保湿力が高くまた、ヒートショックプロテインによるお肌のタンパク質修復してくれるUVケアのメーカーもあります。美白にはハイドロキノン配合のものを使うとよいといわれています。ただし、ハイドロキノンを使ったときはUV対策を十分にしておかないと逆にシミが濃くなるといわれています。

ドラッグストアやデパートに売っているUVケア商品だけでなくエステシャンの店舗に様々な商品やメーカーもあります。
自分でわからない時はプロであるエステシャンの方に相談するのもとても有効だと思います。エステシャンの方はお肌の勉強をきちんとしているので、肌質を見極めてその人に合った美白商品をお勧めしてくれます。

また外出時に気をつけたいのは日傘帽子そしてサングラスです。目から入る紫外線はとても大きな意味を持っています。目から入る紫外線の刺激で眩しいと感じると脳の中でメラトニンが作られますなのでなるべく眩しいと感じることなく外出を楽しんでほしいと思います。